shisai_01
2014年07月07日
おむすびのお供として、慣れ親しんでいる海苔。 磯の香りと、パリっとした食感、そして海の風味を感じる独特の味わいは、日本人の食文化に欠かせないアイテムですよね。(海外の方にはこの良さが判らない場合もあるようですが…

naook
hakugendo_01
2014年07月02日
お茶といえば、静岡。ただ実は、お茶(荒茶)生産量2位の鹿児島、4位の宮崎と、九州は日本茶の産地として、お茶文化を支えていると言っても過言ではありません。 また、お茶といえばブランドとして優良産地の地名を思い出す…

naook
P8108714
2014年06月18日
「イル・プルー・シュル・ラ・セーヌ」を率い、本物のフランス菓子を追求し続ける弓田亨シェフ。氏がかつてフランスの伝統料理や菓子を学んだ有名店「パティスリー・ミエ」。その「パティスリー・ミエ」で出会い、尊敬しあう朋…

naook
bs1st_oil_001
2014年03月18日
健康や美容意識が高い方は特に、油脂の種類と効果的な摂取について、着目している方も多いですよね。 中でもエキストラヴァージンココナッツオイルは、他の油では摂取しきれない栄養素を補完的に補ってくれ、融解温度が低いた…

naook
photo40_001
2014年03月11日
フロランタン(※) ― イタリア フィレンツェ出身のカトリーヌ・ド・メディシスがアンリ2世のもとへ嫁ぐ際に、フランスへ伝えたのがルーツと言われるフランスの伝統菓子。そんなフロランタンとわたしとの初めての出逢いは…

hrn_ktsm
1-yoroshiku
2014年02月20日
お渡しする方のことを考えながらギフトを選ぶ時間は、とても楽しいひとときですよね。 そしてギフトにちょっとした驚きを添えられたなら、選ぶ側も尚嬉しいもの。 お誕生日ケーキにメッセージプレートを添えるように、言葉を…

naook
kakurechawakoucha_001_01
2014年02月17日
近頃耳にすることも多くなった「和紅茶」という名前。ご存じの方も多いと思いますが、緑茶も紅茶も烏龍茶もツバキ科の多年生植物(学術名:camellia-sinensis/カメリア・シネシス)が原材料であり、お茶の種…

naook
077_VM20_gaikan
2014年02月13日
再開発が進みつつある、渋谷駅を中心としたエリア。それに呼応するかのように、周辺の土地も様々な動きを見せています。 井の頭線で渋谷から1駅の位置にある神泉。大きなHUB機能のある渋谷駅の最寄りでありながら、比較的…

naook
gancha_001
2014年02月06日
一口に中国茶と言っても種類も味も効能も様々。そして中国茶も他の食材と同様に、いかに豊かでその植物にあった土壌や土地に育つか、栽培から製造まで労を厭わず手間日間をかけられているか、熟練した才ある職人の研ぎ澄まされ…

naook
otsukisaketen_002
2014年01月31日
保存状態の良し悪しが、ワインの味わいに大きな影響を持つ……これは共通認識としてかなり浸透しているけど、他のお酒となるとなかなかそこまで思いが及ばないのが実情ではないでしょうか。それはお酒の種類による価格差や購入…

naook
chocoreko_originalmold_01
2014年01月27日
よい素材を使ったもの、健康によいものを求めること、それはとても食事の機能として正しいことだけど「食べる」という行為に対して私たちは、もっと色んな意味を求めていますよね。誰と食べるかは勿論、そのビジュアルから得ら…

naook
lamasiondex_002
2014年01月24日
冬になるとショコラショーやココアなどの温かい飲み物が恋しくなりますよね。そしてココアを飲みながら「チョコや紅茶にはスパイスが効いたフレーバーが沢山存在するのに、ココアはそういういのあんまりないなぁ~。」考えるこ…

naook
美味談
モン・サン・ミッシェル
2013年06月27日
丁度、秋から初冬に収穫期を迎える「林檎(リンゴ)」。 旧約聖書の中でアダムとイブの禁断の果実として登場したり(この禁断の果実がリンゴであると…
SONY DSC
2013年04月01日
それまでの寒さを打ち破るような春の陽気に誘われて、桜の花が其処此処でわっと勢い良く咲きはじめた東京。そんな春の日に渋谷ヒカリエ8Fにある「a…

About Us

「美味しい」って言葉は、「大好き」って言葉に似てる。

その昔、とある本で見つけた言葉です。

言葉、あるいはその意味が抽出されて心に刻まれているだけで、正確には違ったかもしれません。
そのページの写真もレイアウトも覚えているのに、どの本に書かれたものだったかを思い出せずにいます。(今回持っている本を探してみたんですが、見つかりませんでした。どなたかご存知だったら教えて下さい。)

話は戻って。
この言葉に触れた時、美味しいものを共有するって、実はその誰かとの関係性の中にある温かな気持ちのことなのだ、と。

つづく>>